ご挨拶 / 理念と基本方針

医療法人 慈桜会 基本理念Policy

SETO HOSRITAL
Smile はいつも患者さまのために、
Teamwork はあなたと仲間のために、
High-technology は患者さまやあなたの大切な家族を安心して託すために、
STHで Home like Hospital を目指そう!
当院では基本理念のもとに職員一同、日々職務にあたっております。
一人ひとりの患者さまにまるで自分の家にいるように感じてほしいと願っています。

理事長挨拶Chairman's Message

瀬戸病院 理事長 瀬戸 裕
地域の周産期医療を支え続けて約70年
心身をケアする「親身なトータルサポート」
が信念です

瀬戸病院 理事長瀬戸 裕

2019年で70周年を迎える当院は、開業当初から地域の周産期医療を支えてまいりました。不妊治療からエコーによる検査、出産や育児の悩みを相談できる助産師相談室、母親同士が交流できる各種教室など、出産前から産後の全期間において、心身共にケアする丁寧なトータルサポートが特徴です。婦人科、乳腺外科、小児科、内科も設けており、婦人科疾患の治療・検査のほか、糖尿病の治療・予防、乳幼児発達や小児心臓など、専門の医師による高度な治療も提供しています。
また、所沢市医師会で周産期医療問題協議会を立ち上げ、地域の周産期医療の安定のための活動も続けてきました。そのかいもあり今では、患者さまを東京の病院に送ることなく、ほとんどの周産期医療が県内で完結できるようになっています。
これからの周産期医療は産婦人科の医師と看護師に加え、小児科や麻酔科といった他科、他医療機関とも力を合わせて取り組んでいく必要があるでしょう。それらの関係者と顔の見える関係を作りながら、今後もしっかりと地域を支えていきたいと思っております。

院長挨拶Director's Message

瀬戸病院 院長 松岡 良
低侵襲手術や最先端不妊治療など高度医療にも対応
患者さまに寄り添い、ベストな治療法を
一緒に考えます

瀬戸病院 院長松岡 良

所沢は医療機関が少ない地域ということもあり、「電話一本で見てもらえる身近な病院」であることが当院の役割だと思っています。当院には長い歴史がありますが、すべての患者さまに親身に寄り添うという治療方針は開業当初より変わりません。常に医療技術の向上に余念がなく、高度な技術が必要とされる手術でも当院で対応できる場合があります。特に腹腔鏡手術や子宮鏡手術、また腹腔鏡で出来ないものも小切開での開腹手術など、こういった低侵襲手術は、入院期間が短く術後の回復も早いため、患者さまの負担を軽減することができます。
私たちが日々大切にしていることは、患者さまにとってベストな治療法を提案すること。メリットだけでなくデメリットもきちんと説明し、患者さまの経済的状況なども考慮した上で治療法を提案し、選択していただきたいと思います。
今後は不妊治療にも注力していく予定です。体外受精や出生前診断といった大学病院と遜色ない治療を提供することに加えて、待ち時間の短縮などにも努め、より通いやすいと思っていただける環境の整備を目指します。